TQM(全社的品質経営)

Coto Technologyは、優れた品質基準に関する評判を確立しています。 メキシコで製造された高品質の製品を通じて御社が市場シェア伸ばすご支援を致します。 当社は、安全および環境関連の全ての規制に準拠した設備を装備したISO-9001認定企業であり、最新のRoHS国際規格およびULおよびCSAからの適切な製品安全機関認可を満たす製品ポートフォリオも備えています。 当社の従業員は、広範かつ継続的な訓練を受けています。 また6シグマ認定の人材が多数在籍し、生産性の高い製造業を実践し、先進的なな品質プログラムを実施しています。 そしてISO 9001-2015の認証を取得していると共に完全なトレーサビリティを提供しています。

生産ラインから社長室に至るまで、Cotoは明確に品質へのコミットメントを表明しています。 CotoISO-9001の認定企業です。さらに、Cotoの環境に関する方針と管理は、製造活動の環境への影響を低減することを目的とし、国際的に認められている標準的な製造慣行に準拠しています。すべてのCoto標準製品はRoHS対応バージョンに移行しました。

Cotoは、製品開発計画と継続的な改善プロセスのためにクロスファンクショナルチームを設けており、構造化された問題解決アプローチのもとで操業しています。これらのチームの取り組みは、積極的な顧客側の関与と一体となってお客様のニーズを満たす製品設計を保証します。継続的な生産監視は、統計的プロセス制御(SPC)やFMEA(故障モードと影響分析)、PPAP(生産部品承認プロセス)、ゼロ合格サンプリングなどの品質管理のもとで行われ、主要パラメータの分析と監視が機能しています。 Cotoの品質哲学と規律は、品質小信号スイッチング製品の世界的リーダーとしての評判を得るための基礎を提供します。

Cotoはリードリレーメーカーのなかでは最も先進的なテスト能力を備えています。リレー組立て後、仕様への適合性チェックは全品検査によって保証されています。 Cotoは独自の「System 320」パラメトリックテスタを使用して、業界最高レベルのリレーをテストしています。システム320は、リレーに関する20以上の異なるパラメータをテストし、各リレーの各テストの結果を記録することができます。この情報は、ヒストグラムグラフ、個別結果レポート、またはパレート障害分析レポートの形式で取得できます。テストシステムの結果はリアルタイムでネットワーク化され、製品のパフォーマンスと品質に関する統計データにすぐにアクセスできます。 Cotoでは、歩留まりデータのパレートスタイルのグラフィカルランキングを強調し、問題領域の迅速な特定と解決を可能にしています。これはリレーの性能を時系列で分析し、品質改善を継続的に支援しています。

Cotoスイッチの製造工程では、ゼロ故障許容試験システムが重要な各プロセス段階に使用されています。メッキ、拡散、スパッタリング、シーリング、フォーミングなどのプロセス段階後のスイッチの機械的および化学的特性を検査して、要求される仕様への適合性を保証します。出荷前に、生成されたスイッチの100%がAT値と接触抵抗を電気的にチェックされます。

当社のライフ·テスト·ラボでは、広範囲の負荷電圧と負荷電流をかけながらリレーやスイッチのサイクルテストができます。リレーは最大10億サイクルまで同時並行でテストされます。無効負荷によるサージ電流の影響のテストを含めることができます。エラーデータはワイブル技術を使用して解析され、MCBF(故障前の平均サイクル)および適用される信頼限界を正確に予測することができます。 Cotoには、リードスイッチブレードの共振とその長期間の接触抵抗への影響を調べるために設計されたスイープ周波数寿命テスタがあります。

さらに先進的な試験には、スイッチのシール破壊を検出するためのPaschen電圧ブレークダウンと、リードスイッチの接点溶接抵抗を決定するために設計された自動テスターがあります。 Cotoには、10GHz以上のRF帯域幅を持つリレーの需要増加に対応するため、ハイエンドのデジタル·オシロスコープとネットワーク·アナライザも装備しています。

テクニカル&アプリケーションサポート

詳細はお問い合わせください。

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。