CotoClassic™ モールドリードスイッチ

Coto Classic CT05 and CT10

Coto Classic モールドスイッチはSPST (single-pole, single throw)タイプで通常は ルテニウムコンタクトがオープンになっています。 センサーはダブルエンド型で電磁石か永久磁石、またはその両方のコンビネーションで作動するようになっています。CT05 (5mm / 5W) は表面実装用の設計でガルウィング、Jリードの設定選択が可能です。CT10 (10mm / 10W) も表面実装向けに設計されており、ガルウィング、Jリード、あるいはアクシャルタイプがあります。  CTモールドスイッチは使用される現場における信頼性を確かなものにするためにリードを付けた後で100%検査されます。

備考: 新しいCT10-G2は260°Cの工程温度にも耐えることができます。

特徴

  • 表面実装のピックアンドプレース型の工程に最適
  • すべての製品がテープ&リールに実装されて出荷
  • 頑丈なカプセルに封入
  • リード整形後に100%テストして検査
  • RoHS準拠
モールドリードスイッチの一覧表がダウンロードできます

製品寸法

技術仕様